Egg Chair

Egg Chair

SASロイヤルホテルのロビーならびにラウンジ向けにデザイン

デンマークの巨匠、アルネ・ヤコブセン(Arne Jacobsen)デザインによる、Egg Chair(エッグチェア)。
エッグチェア、スワンチェアは、1958年にコペンハーゲンのSASロイヤルホテルのロビーならびにラウンジ向けにデザインされました。
アルネ・ヤコブセンにとって、ホテル内に使用される家具と同様に建物のあらゆる要素をデザインする権限を与えられたことは、アルネ・ヤコブセンのデザインと建築における理論を総合的に実践する大きな機会となりました。
エッグチェアは垂直水平により構成されたヤコブセンのトータルデザインの建物内において彫刻的な対比を生み出し、成功をおさめた一例となりました。
彫刻家のように、自身のガレージで粘土を使用しシェルの完璧なフォルムを追求し、シェルの張り地の下に硬い発泡材を使用するという新しい手法を先駆けて用い、このエッグチェア誕生させました。
エッグチェアは、その独特のフォルムにより公共の場においてもわずかなプライベート空間を作り出し、プライバシーを保つことを可能にします。

Egg Chair Egg Chair
Egg Chairのスペック
デザイナー
Arne Jacobsen
メーカー
Fritz Hansen
サイズ
W86xD79(95)xH107cm

おしゃれなデザインを重視の家具・雑貨・家電から厳選した商品を紹介したインテリアデザイン.jpでは、インテリアチェア, リラックスチェアの【Egg Chair】を強くオススメします。【Egg Chair】はあなたのインテリアライフがワンランクアップすること間違いないアイテムです。ぜひ、この機会にインテリアデザイン.jp経由でお求め下さい。Egg Chairをあなたのお部屋に置くことで、ご家族・ご友人にも羨ましがられるお部屋になること間違いありません。
Egg Chairが、もしあなたに合わないアイテムだったとしてもインテリアデザイン.jpは、インテリアチェア, リラックスチェアを多数取り扱っていますので、違うアイテムを見つけてみて下さい。

 
Egg Chairを見た方は、以下の商品もチェックしています

オススメの商品

ページ上部へ戻る